片倉 真由子 (Mayuko Katakura) 

片倉 真由子 (Mayuko Katakura) 

片倉 真由子 (Mayuko Katakura) 

宮城県仙台市出身。両親共にプロのジャズミュージシャンであり、幼少よりジャズを聴いて育つ。洗足学園短期大学入学と同時にジャズピアノに転向、ピアノを今泉正明氏に師事。
同大学を首席で卒業後、2002年、バークリー音楽大学より奨学金を受け、入学する。在学中より、ボストン市内のライブハウスで、クリスチャンスコット, デイヴサントロらと演奏を重ねる。2004年、piano achievement awardを受理し、卒業する。卒業後は、ディックオーツ, ジェリーバーガンジーらと演奏を重ね、また、2004年8月に行われたLitchfield Jazz Festivalに、デイヴサントロトリオのピアニストとして出演する。2005年9月、ジュリアード音楽院入学。ピアノをケニーバロンに、アンサンブルをカールアレン, ベンウォルフに師事。在学中より、ハンクジョーンズ, ドナルドハリソン, カールアレン, ベンウォルフ, エディーヘンダーソン, ビクターゴーインズ ,ドミニクファリナッチらと共演する。2006年、Mary Lou Williams Women In Jazz Piano Competitionで優勝し、翌年5月に、同ジャズフェスティバルに自己のトリオを率いて出演する。また、2006年9月に開催されたThelonious Monk International Jazz Piano Competitionのセミファイナリストに選ばれる。2008年に帰国後は、ジュリアードジャズオールスターズの一員として、カールアレン、ロンブレイクらと共に韓国、日本でのワークショップやコンサートを行う。また、ジャパンジャズオールスターズの一員として韓国、釡山でのジャズフェスティバルに参加したり、ブルーノート東京でのブランフォードマルサリスカルテットのピアニストとして1日参加するなど、活動は多岐にわたる。現在は自己のトリオ、クインテットをはじめ、山口真文カルテット、伊藤君子グループ、竹内直カルテット、Duke Ellington Song Bookなどのメンバーとして活動中。2009年9月には、リーダーアルバム「インスピレーション」をリリース。第43回スイングジャーナル社主催の「ジャズディスク大賞」において、ニュースター賞を受賞。2010年9月、セカンドアルバム「フェイス」をリリース。洗足学園大学非常勤講師。
公式WebSite

先生からのコメント
ジャズは言葉です。
私たちが普段会話をするように、相手の話を聴き、自分の意見を話し、共感する。
私たちはそれぞれの楽器を使って、私達の「会話」を音楽で表現します。
レッスンでは、基礎知識からアドリブのとり方、リズム、ハーモニー、ジャズを聴く作業まで、一緒に考えていきたいと思います。
先生について生徒さんに伺いました!
レッスン時間が充実の一言!
今学びたいことを、まずこれを覚えて次は…と的確に教えてくれます!
お手本に弾いてくれるフレーズはかっこよすぎて、とても勉強になります。
とっても優しくて面白くて1時間2時間があっという間! (中学2年・女子)

お問い合わせ先